キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 いつお墓をたてるのが良いのか : 私が思うお墓の魅力

いつお墓をたてるのが良いのか

お墓をたてるのはいつが適当か、誰のための墓選びであるべきか、永代供養と自分のための墓所選びを考える

いつお墓をたてるのが良いのか

いつお墓をたてるのがベストか?というのは、永遠の問題。

生前に建墓して子どもの世話になりたくないと考える人もいれば、お葬式をどうにか終えて手元に遺骨が残ったけれど、お墓のことはこれから考えるという人もいるでしょう。

一般的には、葬儀が終わり四十九日や一周忌といった法要で一区切りがつくタイミングで、お墓を準備して納骨してあげるのが良いとされています。

代々のお墓があれば、納骨はお坊さんをよんで法要してもらうことで終わりますが、お墓がないと納骨もままなりません。

少子高齢化が進み、子育て世代の子供たちは、忙しく仕事と子どもの世話に追われています。

金銭的には最も生活コストがかかり、その分を補うためにも仕事をしますから、時間的な余裕もありません。

その点、定年退職を迎え、年金で生活をしている親世代は、比較的に時間があり、経済面でも余裕があるというのが、社会一般の理解であるとも言えるでしょう。

個人差はあるものの、自分のお墓の問題は、先送りして人任せにして、不本意な選択にならないように、自分の意思がはっきり示せるうちに、自分で気に入ったところを選びたいという人も少なくないでしょう。

お墓や仏壇など先祖供養に関わるコストには、相続税はかかりません。

明治時代の長男が全てを継ぐという時代ではありませんから、長男が忙しければ他の人が継いでも良いわけですし、一人娘が嫁いでこの先、墓の面倒を見る人がいないというケースは、とても多くあります。

永代供養制度を利用すれば、次世代に迷惑をかけなくても済む方法があります。