キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 葬儀とお墓の傾向と共通項 : 私が思うお墓の魅力

葬儀とお墓の傾向と共通項

仏式や神式だけにとらわれない、お別れ会や花祭壇の流行と、家族葬のような小規模なものが好まれる中、お墓の流行も個性の時代

葬儀とお墓の傾向と共通項

日本の葬儀は、通夜、葬儀、告別式と行って出棺、火葬を行うまでの一通りの儀式です。

亡くなった人をこの世からあの世へ送るという一連の儀式は、多くの人は仏式で行います。

神式、キリスト教式など、生前の故人の信仰にあわせて、それぞれの形式にのっとって行います。

無宗教の人には、宗教色の伴わない葬儀の形式もあります。

祭壇を花で埋めた花祭壇などは、人気が高くなってきました。

葬儀は社葬のように大規模で行うものや、有名人の葬儀などでおなじみの「お別れの会」のようなものもあれば、一般的な家族、仕事関係の人、生前お世話になった人が集まる一般葬、家族だけでこじんまりと送り出す家族葬、葬儀そのものを執り行わない直葬などがあります。

昭和の頃と違い、家族の規模そのものが小さくなってきていることから、一般の人が大規模な葬儀を執り行うニーズが減少傾向にあり、葬儀の規模やコストもさまざまに個別化してきています。

通夜、葬儀、初七日、四十九日と何度も何度も近しい人に足を運ばせなくても良いように、葬儀そのものも簡略化の傾向が見られます。

こうした葬儀の流行の流れはお墓の流行にも同期していて、お墓も個人個人の事情や信仰、人生観によって、個性化の時代になってきています。

それまでのように大家族がいて、お付き合いの長い寺院があり、そこで供養をしてもらう地元密着型の一生を送る人ばかりではないということです。

お墓も特定な宗教色のない洋墓やデザイン墓などにも人気が集まっています。