キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 どんなお墓を終の棲家にするかは自分で選びたい : 私が思うお墓の魅力

どんなお墓を終の棲家にするかは自分で選びたい

永代供養、公園墓地、芝生墓地、一般墓所などの特徴を知って、自分らしいお墓を選びたい

どんなお墓を終の棲家にするかは自分で選びたい

一般的にお墓というと、一般墓所と言われる一区間に、和型の墓石が設置されているものを思い浮かべる人が多いでしょう。

区分けがされていて、外柵などを設けいているところおあります。

落ち着きがあり、自分たちの家のような気持ちで手入れがしやすいのも特徴でしょう。

墓所にお墓以外にも、墓誌や塔婆立などを設置するなど、宗旨・宗派や地方によっても、お墓には特徴があります。

西洋風の趣がある芝生墓地では、明確な区切りをせずに芝に洋型墓石を建てているところもあります。

区画そのものは小さくても、平らな土地に背の低い洋風のお墓が並ぶと、広々とした空間に緑の芝が生えて、ゆったりとした気持ちになるのが特徴になっています。

開放感があり、薄暗さがないので、お墓参りも明るい気持ちで通えます。

公園墓地や芝生墓地は、その明るさから人気があるのもわかります。

流行している個人型の墓所は、代々のお墓と違い、永代供養と言われる申込者本人のための墓所です。

使用権を継承することを目的にしていないため、自分らしいお墓を選ぶことができます。

個人碑、プレート型、樹木葬、合祀の塔やモニュメントなど、さまざまなお墓のスタイルがあります。

生前契約などで購入すると、その後の費用の負担がないので、独身者や一人っ子が嫁いだ後などに先のことを考えて、自分で納得のいく墓所を選んでおきたいという人に人気があります。

墓友」という言葉があるように、合祀される人同士がイベントなどを通じて友人同士になったり、仲良しのお友達と一緒に墓地を探したりする人も増えています。