お墓のさまざまなデザイン

お墓は古典的な和型墓だけではない、洋型墓やデザイン墓の流行に見る、その人らしさにこだわった墓所

お墓のさまざまなデザイン

お墓には、宗旨・宗派によって決まった和型のものもあれば、デザイン墓に見られるように、洋型墓石もあります。

日本の仏教は十三宗五十六派などと言われ、多くの宗派があります。

それぞれの宗派でお墓のデザインや彫刻する文字には特徴があります。

自分がどんな宗派に属しているか、葬儀や法事を取り仕切る段になるまで、あまり考えたことがなかったという日本人は多いものです。

とかく葬式仏教と揶揄されるように、日頃から仏教徒として生活をしているわけではなくても、葬儀は仏式で行うというのが、現代の日本人の姿でもあります。

自分は、そうした宗旨・宗派にとらわれず、自分らしいお墓を建てたいという人も増え、そうした人に人気になっているのが洋型の墓石です。

和型が縦に長い形をしているのに比較して、洋型のお墓は横に長く背が低いのが特徴です。

山の斜面に向かって立つ墓所と違い、公園墓地などの流行で、広々とした平地に墓地が広がっているロケーションだと、洋型の墓石も良く似合います。

洋型とも和型ともカテゴリー分けしにくいのが、デザイン墓です。


http://hakamago.com/

ピアニストの方が亡くなると、ピアノをかたどったお墓を作る、野球が好きだった人には、バットやボール、ミットなどをデザインした墓石を作る、花が好きだった人のために、花を彫刻するなどのオリジナル性の高い墓石を、オーダーメイドで作り上げます。

デザイン墓は、生前のその人の人生がしのばれるようなお墓で、お参りに来る人にも感慨がひとしおです。